ジェビトラを好きになったのはたまたま見つけた通販が決め手

ジェビトラの基礎知識

バイエル社の製造・販売で知られるレビトラですが、バルデナフィルを有効成分とし、バイアグラ、シアリスのちょうど中間的な効果、副作用ということで根強い人気がありますね。
ED治療のクリニックなどではまず最初の処方はレビトラから、とういうところが多いのは有名です。
そしてその人気から当然ジェネリック薬品も、個人輸入代行などの通販サイトなどから多く流通しているんです。

その中のひとつである、Zhewitra(ジェビトラ)は、インドに本社を置くサンライズレメディ社により、製造・開発したED治療薬です。
バイエルのレビトラと同一成分を配合したレビトラジェネリックで、服用することで、pde-5ホスホジエステラーゼという酵素の働きを阻害します。
pde-5の働きを阻害することでペニスへの血流量が増え勃起を促し、また勃起の維持も可能となります。
性的刺激がなければ勃起はおこらないので、日常の生活は問題なく送れます。 同じED治療薬でも飲食の影響を受けてしまい、服用のタイミング難しいED治療薬が多い中、比較的食事やアルコールの影響を受けずに服用できるジェビトラは、通販などで購入できる手軽さと、ジェネリック薬品ならではの価格の安さから世界中で愛用者がいるのです。

レビトラジェネリック服用の注意点は、ニコランジル、硝酸イソソルビド、ニトログリセリンなどの硝酸剤が併用禁忌となります。
併用してしまうと急激な血圧の低下が起こり、ショック症状に陥る場合があります。
またジュースを含む、グレープフルーツの成分はバルデナフィルとの相互作用があり吸収を高めてしまうので注意が必要です。
また、脳血管疾患や心筋梗塞などの方の服用も禁止されています。
レビトラジェネリックのジェビトラは副作用も同様で、血管拡張作用からの頭痛、火照り、吐き気、動悸などの症状が報告されています。
個人輸入代行サイトなどの通販から手軽に購入でき効果も高いとはいえ、これらの点には注意が必要でしょう。